聞き上手になることで相手に心を開いてもらいやすくなり、好意的な印象を持ってくれます。

聞き上手になる

 

聞き上手な男性

 

聞き上手になることが人とのコミュニケーションをより円滑にすることができます。
人は誰しも自分の話を聞いてもらえることが好きなのです。

 

聞き上手になることで相手に心を開いてもらいやすくなり、今後のコミュニケーションも円滑に築くことができます。
どのようにすれば聞き上手になるのでしょうか。

 

トーク力を身につける方法はこちら

 

 

うなずく

話している相手に「話をちゃんと聞いてもらっている」という印象を与えることが大事です。
話している内容により、表情やうなずき方を変えると効果的です。
聞き上手になる一番重要なポイントと言えます。

 

 

 

あいづちを打つ

「へぇ」「そうなんだ」「ふーん」といったようなそっけないあいづちでは話している相手が不快な思いになってしまいます。
「なるほど」「それはすごい」など話によって効果的なあいづちを打てるようにしましょう

 

 

 

質問をする

会話をするにあたりキャッチボールをするのはとても大切なコミュニケーションの1つです。
また、相手にもちゃんと話を聞いていたと言うアピールにもなります。
ちゃんと話に沿った質問を返しましょう

 

 

 

話を否定しない

話をする人は大抵自分の話を肯定して欲しくて話しています。
肯定的な受け止め方をすれば話し相手は自分に対して好意的な印象を持ってくれるに違いありません。

 

議論をせず、まずは共感しましょう
他の考えがあるのなら、まず相手の話を全て聞き終えてからやんわりとした感じに「提案」すればいいのです。
決して「反論」しているような印象をもたれないようにしましょう。

 

 

 

人の話の邪魔をしない

相手の話をさえぎって自分の話をするのはやめましょう。
相手が自分に対して不快な思いを抱いてしまいます。
まずは相手の話を全て聞き、その後に自分の話をすればいいのです。
相手の話をちゃんと最後まで聞く習慣を身に着けましょう。