社内恋愛は、パートナーや職場にも悪影響を与えますので、やらないようにしましょう。

社内恋愛はするな!

 

職場というのは、日常の中で最も多くの時間を過ごす場所です。
家族や親友などの特別な人と比べても、圧倒的に職場の同僚と過ごしている時間が長い人は多いでしょう。

 

また、職場では頻繁に飲み会が開催されたり、社員旅行などのレクレーションなどで親睦を深める場も多く、何よりも、仕事を成し遂げる、目標を達成させて会社や部署の売上・利益を伸ばすという共通の目標を持っています。
こういった環境は恋愛に発展しやすい条件が整っていて、社内恋愛に発展するケースも非常に多いです。

 

社内恋愛の全てが悪いとは言いませんが、会社で這い上がり出世をしていくには、社内恋愛は不利な事の方が多いです。
本気で仕事に打ち込みたいのであれば、社内恋愛はしないとキッパリ割り切って仕事をして、同僚とも付き合って行く事が大切です。

 

 

 

なぜ社内恋愛をしてはいけないのか?

 

モチベーションに波が出る

職場に彼女・彼氏がいれば時には高いモチベーションを出す事ができ、100以上の力を出せる事もあります。

 

しかし、常に円満で仕事と恋愛を区別して仕事ができる人はいません。時には恋愛の喧嘩が原因で仕事のモチベーションが下がる事もありますし、好きな気持ちが強すぎると、早く仕事を終わらせてデートに行こうとする気持ちが出てしまい、仕事を疎かにする事もあります。

 

恋愛感情は人間がコントロールする事が難しい感情のひとつです。
こういった恋愛感情を職場の中で起こしてしまうと仕事には悪影響が非常に多いです。

 

例えどれだけ自分が恋愛と仕事は別にして、仕事に影響を出さないようにしていても、パートナーの相手がそれを全て理解してくれるとは限りません。恋人の気持ちの波が原因で仕事に影響が出てしまう事もあるので社内恋愛だけはしないように心がけましょう。

 

 

 

同僚から良く思われない

オフィスラブの画像

社会人というのは噂が大好きな生き物です。
社内恋愛をしてしまうと驚くべき勢いで噂が広がってしまう事もよくあります。
社会人は性格が歪んでいる人も多く、大体社内恋愛に関しては応援する人よりも妬む人の方が多いのが現実です。

 

社内恋愛の事を知った社内の人は、恋愛に対して悪い評価を付けなかったとしても、社内恋愛が発覚した時から、その人の肩書きは○○さんの彼氏(彼女)となってしまいます。

 

それまで仕事で結果を出してきて、トップセールスや若手一番の出世頭と呼ばれるような地位を確立していても、社内恋愛が与える印象の方が大きく、仕事の話よりも先に恋愛事情の話が周囲の会話で先に出てしまいます。
結果的に仕事で頑張って結果を出しても、その頑張りが社内恋愛の噂のせいで目立たなくなってしまうです。

 

 

同僚から気を遣われる

社内恋愛の多くは、一番顔を合わせる時間が多い同じ部署の中で起こります。同じフロアや事務所などの中で社内恋愛をしてしまうと、本人達は仕事と区別して支障なくできていたとしても、周りの人が必要以上に気を使ってしまいます。

 

仕事のパートナーをそれぞれの能力にマッチした適性パートナーとではなく、社内恋愛のパートナー同士をくっつけたり、逆に2人で一緒に仕事をさせないように、配慮される場合などもあります。状況によっては、大きなチャンスができた時にも社内恋愛していると、上司から「無理に残業を増やしても悪い。」などと思われて本来は自分に来るはずのチャンスが他の人に行ってしまう事もあります。

 

 

 

別れた時の影響が大きい

社内恋愛をして上手くいっている時はまだ良くても、別れてしまうと更に悪影響が出ます。

 

別れたという噂は当然すぐに広まり、別れた理由である事ない事、いいように言われてしまう可能性もありますし、別れた者同士を仕事でどう組み合わせればよいのか周囲に気を遣われてしまいますし、モチベーション管理も難しくなります。

 

社内恋愛は通常の恋愛以上に難しい事が多くあり、別れた時のリスクを承知の上で固い意志で交際を始めても、すぐに別れてしまう人というのは多く、それが原因で仕事の成績や周囲の評価を大きく落とす事はよくある事です。

 

 

 

社内恋愛が理由で異動させられる事も

社会の常識として、社内恋愛が成就し、同じ部署の人同士が結婚した場合には、女性側を違う部署に異動させる暗黙のルールがあります。
しかし、上司から社内恋愛の時点で仕事に悪影響だと判断されると、それが原因で異動を通達される事もあります。

 

この場合も女性側が異動するのが一般的ですが、元々上司の評価が悪かったり、妬みやすい性格の上司だと、社内恋愛した事を理由に男性を左遷とも言える異動に踏み切るケースもあります。
「たかだが社内恋愛しただけで異動なんて。」と思う人もいると思いますが、こういった事例も実際にあるのが社会の現実です。

 

 

 

 

社会で這い上がろうという気持ちが強い人であれば、これだけのリスクがあると分かれば気になる異性がいたとしても同僚という時点で恋愛対象から除外するように考えます。

 

一時の感情に任された恋愛と、成り上がってやると強い意志で入社した会社の仕事のどちらを優先させるかは、まだ恋愛の感情がないフラットで冷静な気持ちの人でしたら、深く考えなくても出せる結論となっています。