食べ過ぎや、就寝3時間前の食事を避けることが、肥満予防や健康バランスを保つ秘訣です。

健康管理をきちんとする

 

体調がすぐに崩れてしまうと仕事にも支障が出ますし、会社の同僚や上司にも迷惑がかかってしまいます。
社会人として自分の体の健康管理をきちんとしなくてはなりません。

 

では、どのようにすれば健康な体が保てるのでしょうか?

 

 

食事を考える

肉などの脂肪分ばかりとらずにきちんと食物繊維をとるようにしましょう
食物繊維は便通の改善や病気をしにくくなる効果があります。
また、肥満の予防にもなります。

 

日々サラダや煮物などで野菜をできるだけとるようにするのがベストですが、それが難しい場合には青汁や野菜ジュースなどを毎日飲むようにしましょう。
今の青汁や野菜ジュースは比較的飲みやすいものが多く出ているので色々試してみるといいでしょう。
それでも苦手な方は食物繊維のサプリメントでもかまいません。

 

1日3食バランスよく食事をとるようにしましょう。
食べ過ぎないことや、就寝3時間前の食事は避けるようにしましょう。
肥満予防や健康バランスを保つ秘訣です。

 

また飲酒量に気を配るようにし、週に1~2回は休肝日を作るようにしましょう。

 

 

 

睡眠をちゃんととる

健康管理のためにきちんと睡眠をとる女性

ベストな睡眠時間は6~8時間です。
徹夜などはせず、決まった時間にきちんと就寝するようにしましょう。
就寝直前のスマートフォンやテレビやパソコンは寝つきを悪くする原因にもなりますのでなるべく控えましょう。

 

入浴は就寝30分前には済ませられるようにしお風呂の温度は40℃くらいがベストです。
温度が熱すぎないように注意しましょう。

 

またシャワー入浴ではなく、ちゃんと湯船に使って体を温めるようにしましょう。
疲労回復効果やよりよい睡眠をとることにもつながります。

 

 

 

タバコは控える

タバコは様々な健康被害を及ぼします。
やめられるのがベストですが、難しい場合は少しでも本数を減らす努力をしましょう
また、禁煙外来などに通院してみるのもいいでしょう。

 

 

 

運動をする

軽いウォーキングやランニング、またはプールで歩くなど体にあまり負担をかけず、簡単にできるものをできるだけ継続して行うようにしましょう。老廃物の排出が活性化し、健康な体を作りだす1つの要因になります。