一目置かれる存在になる事は、経験や仕事のノウハウがなくても可能で、方法もたくさんあります。

一目置かれる存在になれ

 

会社で成り上がるには、誰からも一目置かれる存在になる必要があります。

 

新入社員の場合は、「いきなり成績を残す事は無理。」「最初から目立ってしまうと自分のクビを締める。」とネガティブに捉える人もいます。

 

確かに仕事のノウハウや経験がないうちから、結果を出す事は難しいですし、不要に前へ出すぎてしまっても必ずしも良い事だけとは限りません。必要に応じては地味に仕事をする事も必要です。

 

しかし、ここで感違いしてほしくないのが、「一目置かれる」という意味は、仕事で成績を残したり、目立った行動をする事だけではありません。職場で周りから一目置かれる為にはさまざまな方法があり、新入社員だからこそできるアピール方法も多くあります。

 

 

 

一目置かれる存在になる方法

 

整理整頓を心がける

自分の机がある場合は、その周辺は常に綺麗に整理整頓しておくようにし、必要な物をスムーズに取り出せる環境を作っておきましょう。
実用性だけではなく、見栄えを重視する事が必要です。

 

机の上にはなるべく荷物は置かないようにするなど、同僚から「あいつの机はいつも綺麗で物が出ていない。」などと思われるようになるのが理想です。その他、共用スペースについてもゴミは小まめに片付けておく、他人が使って散らかしたモノでも片付けておくなど、「あいつが来てから、事務所全体が綺麗になった。」などと言われる事を目指します。

 

「仕事ができる人ほど、机は綺麗。」という格言もあるなど整理整頓は仕事において重要で、仕事ができる人でも机や身の回りが汚いと、「だらしない。」と思われてしまいます。

 

注意点としては、整理整頓は人目につかない時にさりげなく行うのが必要です。仕事が忙しい時に片付けばかりやっていたり、呼ばれた時に片付けをしてすぐに行かないなどの行動や、片付け・掃除をアピールしているかのようにやるのは逆効果です。

 

朝少し早く出社して、片付ける時間を作る、散らかさないで仕事をする為に物の置き場所などを工夫する事から始めましょう。

 

 

 

電話は誰よりも早く出る

職場で嫌われる人の典型的パターンが「電話に出ない人」です。

 

電話に出る女性の画像

上司やベテランの先輩などは社内や上層部からの電話番号だけいち早く取るように心がけている人もいます。しかし、同僚全員から一目置かれるには電話先を選ばずに常に率先して電話に出るようにしましょう

 

電話対応は、仕事の手が止まってしまうので多くの人が嫌がる仕事です。
少なからず電話対応する量が増えれば残業するリスクも増えます。

 

ですが、こういった人が嫌がる仕事だからこそ、率先してやるという事は一目置かれる為に必要な事です。

 

新人のうちは、時間に余裕もありモチベーションも高いので、ほとんどの人が最初は率先して出ます。しかし、仕事に追われるようになったり、多少の要領を覚えてくると、積極的な電話対応を継続できない人が多いです。

 

こういった周りの同期や同僚が妥協してきた時でも、流されずに初心を貫く事ができれば、「あいつが事務所にいると助かる。」などと一目置かれる存在になります。

 

 

 

何か一つでもいいから、スペシャリストになれ

仕事は満遍なく覚えていく事も大切ですが、一目置かれる存在になる為には何か一つでもいいから、光るモノを身につける事が大切です。仕事の全ての面で先輩や上司を抜かすのは難しいですが、得意な分野に限定すれば経験などで劣っていても、社内で一番と呼ばれるスキルを身につける事は可能です。
「この仕事だったら、あいつが一番得意だ。」と周りから認められるような仕事を一つずつ作っていくようにしましょう。

 

 

 

飲み会で輝け

飲み会の画像

 

新人でも一番手軽にアピールできるチャンスが会社の飲み会です。

 

飲み会では仕事が全くできない新人や営業成績ビリの人などでも均等な立場でアピールできる場所です。
面白い話ができれば一番理想ですが、そういった話のネタがない人は、周りの話を盛り上げるようにする、先輩や上司に気持ち良く話をさせる聞き手に回るなど、方法は色々とあります。

 

注意点としては、一部の人に気に入られて大半の人に嫌われないように心がけましょう。
「下ネタに頼りすぎない」「逆に下ネタ断固拒否オーラを出さない」「人をバカにしない」「うるさくしすぎない」「周りを不必要に煽らない」などといった行動を控えるようにしていくとよいでしょう。