会社の飲み会は、行く事が無駄に思えるような飲み会だからこそ、上司や先輩に気に入ってもらえるチャンスがあります。

無駄な飲み会にチャンスが!

 

会社の飲み会の画像

社会人というのは、飲み会が多いという特徴もあります。
もちろん職場によっても違いますが、人が多い職場ほど、頻繁に飲み会を開く部署やグループがあるものです。

 

会社の飲み会は、忘年会や歓送迎会、打ち上げなど、仕事の節目に行われる必要な飲み会もあれば、ただ飲みに行きたい人がいるという理由で開催される、無駄な飲み会も多くあります。

 

こうした無駄な飲み会は最近では先輩や上司が強制する事は以前に比べて少なくなってきていて、最近では新社会人のひとつ上の世代、いわゆるゆとり世代の人たちの影響で飲み会が自由参加になっている傾向は高いです。

 

しかし、こういった無駄な飲み会だからこそ、チャンスがある事も多いです。

 

 

 

無駄な飲み会だからこそ、打ち解けられる

 

忘年会や歓送迎会のような、出席率が高い飲み会では、どうしてもいつも仲の良い同期や同僚と固まってしまい、上司や先輩などとは晩酌の挨拶はしても、そこまでゆっくり話をする事はなかなかできません。

 

飲み会を開く根拠がないような、一見無駄に見える飲み会の時ほど、普段仕事では見えない上司の顔を知る事ができたり、ゆっくり話をする事ができます。

 

こうした飲み会は参加する事自体で高く評価される事もありますし、先輩を通じて次は上司が混ざった席に発展する事や、更に上層部との繋がりに発展する事もあります。

 

普段の職場や飲み会とは違った話ができる環境だからこそ、大きなチャンスが転がっている事が多いです。
無駄な飲み会は断固拒否という姿勢は作らず、適度な頻度で積極的に参加すると良いでしょう。

 

 

適度に断る事も大切

無駄な飲み会を開く人の中には、一度参加してしまうと次回以降頻繁にしつこく誘われてしまう場合もあります。
無駄な飲み会に積極的に参加する事も大切ですが、付き合いすぎるというのも良い事ではありません
多くても月に1~2回など適切な頻度で参加できるように、上手く断り方を身につけてコントロールできるようにするとよいでしょう。

 

 

派閥がある場合は要注意

社会人は派閥を作るのが好きな生き物です。無駄な飲み会に積極的に参加する事は大切ですが、場合によっては飲み会に参加しただけで派閥に入ったと思われてしまうケースもあります。
小規模の飲み会で仲良くなって特定の人から気に入られたとしても、こうした交友関係をよく思わない他の派閥がある場合もあります。

 

新社会人はなるべく早く、職場の派閥や強弱関係を把握して、仕事をする上で有利な派閥に入るようにしたり、それぞれの派閥に深入りしないなど、計画的に交友関係を広げていく事も大切です。

 

 

 

 

他部署との交流は思いがけない情報も!?

驚く女性の画像

 

 

職場では、同じ部署の人間と上手く付き合っていく事が重要で、他部署の人に好かれたり嫌われたりしても、仕事への影響はそれほど大きくありません。

 

しかし、普段仕事ではゆっくり会話する機会が少ない他部署の人も参加する無駄な飲み会には適度に参加する事をオススメします。

 

それまでは、自分の部署目線だけで思っていた会社のイメージとは違った意見が聞けたり、他部署から見た自分の部署の印象を知る事で、足りない物が見えてくる事もあります。自分の部署の先輩では教えてもらえないような話を聞き出す事ができたり、有益な情報も多く手に入る可能性もあります

 

思いがけず無駄な飲み会で知り合った他部署の人が上層部との繋がりがあったり、気に入られている人であれば、思いがけないような情報が手に入ったり、自分に有利な人脈ができる事もあります

 

 

他部署との人間は仕事の話抜きに意気投合しやすい

同じ部署の人間は、どうしても毎日顔を合わせて仕事をする都合で、良い関係を作るのが難しい面もありますし、本当に気が合う人とだけツルんでしまう人も多いです。

 

しかし、普段仕事で強い繋がりがない他部署の人は、一緒に仕事していたら仲良くなれないような人であっても、飲み会を通じてであれば仲良くなるのは難しくないですし、意気投合する事も多いです。
こうした無駄な飲み会で人脈を広げていくと、人事異動があった時に思わぬ味方ができる事もあります。